セレナオルタネーター交換の交換が必要と言われた・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そんな時の一括査定は安心できるところで行いましょう!

⇒ 無料一括車査定はこちらからどうぞ

セレナを長いこと乗っているといろいろな不具合も出てきます。

よく!リコールでここを直してください。

ここもリコールでとはがきが届いてはディーラーに行って修理していました。

しかし、今回は、なんか・・・・変な音がする・・・

ということでリコールついでに見て頂いた異音について話していきたいともいます。

スポンサードリンク

セレナの異音の原因は?

最近ずーっと走っていると、今まで普通に走れていたがなんか「ゴ―――っと」言う感じの音が、運転席の前の方から何かが当たって大きな音がしている感じがしていました。

前に、ガススタでバッテリーの交換をしたときにスタッフが誤って排気口の閉め忘れが甘くて変な音がしていたので、今回もそれかと思っていたんですね。

ちょうど音が出てきたときに、ディーラーのリコールで行かなければいけなかったので一緒に見てもらうと原因がわかりました。

オルタネーターのふぐあいで音が出ているとのことで、交換が必要と言われました。

オルタネーターっていったい何?

オルタネーターはエンジンの回転を動力源として、電装部品の電源を発電する装置で発電した電源をバッテリーに蓄える装置です。

私の場合オルタネーターのベアリングの部分のかけが原因で音が出ていたので、普通に使っていてもいつかは止まってしまうことがありますと言われましたので・・・・

ということで交換することにしました。

最初は、部品の修理で出来るものだと思っていましたが、オルタネーターは装置ごとの交換ということで、装置の取り換えとなりました。

オルタネーターを交換したらいくらかかった?

最初は、いくらかな~っと思って大体5~10万ぐらいじゃないかな~っと思っていたら・・・・

なんと19万で工賃込みの見積もりが・・・・

いや~これはびっくりしましたが、ある程度覚悟の上でもびっくりしますね。

しかし、長く乗り続けるなら新車のするか修理をするかの選択なるので泣く泣く交換となりました。

オルタネーター交換のまとめ

オルタネーターの故障は始めてだったので、これは意外とかかるのではないかと思ったいたら意外とかかりました。

この金額だと、買い替えも検討に入れないといけないと思いましたが何とか今回は修理と言う感じで終わりました。

しかし、長いことセレナに乗っていると意外なところが壊れてくるのでこれから先も考えないといけないな~っと思っちゃいました。

でもいろいろ調べていくとC26ではオルタネーターのリコールがあったらしいが・・・・

ちょっと調べるのを忘れてしまったのでこの続きはわかり次第追記します。

セレナのタイヤがパンクしても、最近のタイヤは走行中にパンクしていることにすら気づけません。 停止しているときは車の状態を見ると、パンク...

商談が決まった後に、色やグレードなんかは変えることはできませんよね。
しかし、下取りを買い取りにすることはできるんです。

調べてみたら買い取りのほうが高く買い取ってくれたじゃん!
ってことで後悔しないようにしたいですね。

商談も決定して下取り価格も上司に交渉して、上げてもらったのに・・・・
と思ってそのままってことありますよね。

 

しかし、それだと買取と下取り価格ではかなりの差が出ていることを知らないままになってしまいます。

 

もしかしたら、他のオプションもつけれるかも・・・・

 

ディーラーも買い取り業者に横流しをするので、書類などが結構面倒な仕事もあるので仕事が減る分営業マンもラッキーなんですね。

高額査定をするには一括で比較したほうがお得です。

軽自動車やいろんな車でもOK!

⇒安心できる無料一括査定はこちらからどうぞ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする