セレナのメーカーオプションはこう選べ!後でつけれないからね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そんな時の一括査定は安心できるところで行いましょう!

⇒ 無料一括車査定はこちらからどうぞ

セレナを買うときに結構悩むのが、メーカーオプションではないでしょうか。

メーカーオプションは後で取り付けができないので、最初に決めるべきオプションとなります。

お金をケチってメーカーオプションを付けずにいると、後から「あのオプション付ければ良かった」と、後悔してしまう可能性もあります。

ここでは、セレナに無理をしてでも取り付けるべき、セレナのメーカーオプションに関して紹介をしていきます。

スポンサードリンク

セレナセーフティーオプションパックはどれを選ぶ?


引用:https://www3.nissan.co.jp/

セレナを買うときに最も悩むのが、セーフティーオプションをどれにするかではないでしょうか。

セレナの場合は安全システムを充実させるために、メーカーオプションのセーフティパックを注文しなくてはいけません。

セーフティーパックの、それぞれの値段は以下のとおりです。

・セーフティパックA
メーカーオプション代:11万3400円
・セーフティパックB
メーカーオプション代:24万3000円
・セーフティパックC
メーカーオプション代:6万4800円

以上のように3種類のセーフティーパックが用意されますが、セーフティパックCはガソリン車やe-POWERの、最廉価モデルに設定されたメーカーオプションです。

それ以外のセレナが選べるのは「セーフティパックA」か、「セーフティパックB」です。

それぞれのセーフティーパックの違いを、紹介していきます。

セーフティーパックC


引用:https://www3.nissan.co.jp/

セレナに標準装備されるのは、以下のとおりです。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)

・アイドリングストップ

・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)

・ヒルスタートアシスト

・車両接近警報

・フロントシート用エアバッグシステム

セレナSグレードを選ぶという場合は「セーフティーパックC」は、選んだほうが良いと言えます。

対象グレードは「Sグレード」のみとなっています。

セーフティーパックについている装備で「アラウンドビューモニター」は、上から車を見ているような感じの映像を見ながら、駐車をしたりすることが出来ます。

周囲の状況が分かりやすいので、車の側に子供がいてもすぐに分かるようになっています。

「セーフティーパックC」の値段は64,800円ですが、衝突するリスクを考えるなら値段的に安いと言えます。

・アラウンドビューモニター

・踏み間違い防止アシスト

・進入禁止標識検知

・ふらつき警報フロント&バックソナー

・ヒーター付ドアミラー

以上のような装備が付いているので、値段的に考えても高いとは言えないですね。

セレナのグレード「S」を買うなら、検討したほうが良いセーフティーパックといえます。

セーフティパックA


引用:https://www3.nissan.co.jp/

サイドエアバッグを取り付けるなら、セーフティパックAは取り付けたほうが良いでしょう。

どれほど周囲に注意をしていても、事故を回避できないということはあります。

セーフティパックAについてくる「サイドエアバッグ」は、横からの衝撃に対し被害を最小限にしてくれます。

サイドエアバッグがあれば、側面からの衝撃にたいしてもサイドエアバッグが無いよりもあったほうが、死亡する確率が下がります。

事故を起こした場合は正面にはエンジンがあり、前に出ているから安心だと思っている人は多いです。

しかし、側面からの衝撃に対しては何もないので、衝突による衝撃が想像以上となります。

最近では正面衝突も良くある事故になりますが、側面からの事故もかなり多いです。

後部座席に家族を乗せるなら、サイドエアバッグは必須と言えます。

セーフティパックCとの差額は「48,600円」ですが、自動で駐車してくれる「パーキングアシスト」や、「ステアリングスイッチ」は大変便利です。

セーフティパックB


引用:https://www3.nissan.co.jp/

セーフティパックAに以下の装備を付け足せば、セーフティパックBになります。

・スマートルームミラー

・電動パーキングブレーキ

・オートブレーキ

・オートブレーキホールド

・プロパイロット

・車線逸脱防止支援システム

この中で最も注目すべきなのは、「プロパイロット」です。

プロパイロットは穏やかなカーブや、高速道路などで機能します。

一般道でも使用しても良いですが、プロパイロットは自動運転ではなく疲労軽減のための機能です。

「インテリジェントルームミラー」という機能も、意見が真っ二つに分かれています。


引用:https://www3.nissan.co.jp/

一方では「普通のルームミラーで充分」という意見です。

従来のルームミラーでは、後部座席に積み込んだ荷物が邪魔になったり、後部座席に座る人の顔によって視界が妨げられることもありました。

そういう事を考えると、「インテリジェントルームミラー」は便利な機能だと言えます。

確かに、一人で乗る機会が多くあまり荷物を積み込まないなら、特になくても問題はないでしょう。

とはいっても、ミニバンを買うということは家族で、何処かに行くから買うのであり人をのせないということもないし荷物も、たくさん積み込むこともあるでしょう。

人をのせる機会が多く荷物もたくさん積み込む機会が多いなら、「インテリジェントルームミラー」は必須の機能だと言えます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/

「電動パーキングブレーキ」も、価格ドットコムを見る限りでは意見がまっぷたつに別れます。

電動パーキングブレーキはスイッチ操作で、サイドブレーキと同じようにブレーキがかかり、駐車中に車が動かないようにできます。

サイドブレーキは発進するときに、自分で解除する必要がありますが、電動パーキングブレーキは自分で解除する必要がありません。

パーキングブレーキをかけて、発進時は操作無しでブレーキは解除されるのです。

ただ、かっこ良いだけではなく、機能的にも優れていると言えます。

セレナメーカオプション後で後悔しないものは?


引用:https://www3.nissan.co.jp/

開閉が遅いという意見もありますが、「ハンズフリーオートスライドドア」は言うほど作動は遅くはないです。

足を差し込むとスーッと、スライドドアが開きます。

イメージ的にはコンビニの自動ドアのように、スーッと開く感じです。

ただ、足を差し込む部分がセンサーに作動しない場所だと、上手く開かないことがあるようです。

コツは必要みたいですが、取り付けても後悔は少ないと言えます。

家族が多い場合は、どうしても買う荷物が多くなりがちです。

両手が塞がる場合が多いと言うなら、「ハンズフリーオートスライドドア」は必須と言えます。


引用:https://www3.nissan.co.jp/

ただ、家族が少なく両手が塞がることはほとんど無いなら、「ハンズフリーオートスライドドア」は不要だと言えます。

つまり、後悔が少ないメーカーオプションは、「ハンズフリーオートスライドドア」だといえます。

セレナメーカーオプションで付けなくてもなんとかなるものは?


引用:https://www3.nissan.co.jp/

メーカーオプションはセレナの場合、「人によっては」という言葉が似合うメーカーオプションが多いです。

先ほどと矛盾する形になりますが、「ハンズフリーオートスライドドア」は人によっては、付けなくてもなんとかなります。

ワンタッチスライドドアはS、Gグレードに標準装備されているので、お金の節約を考えるなら付けなくても良さそうです。

他にも電動パーキングブレーキも、人によっては必須の機能です。

たとえば、サイドブレーキをかけたまま走り出すことが多いとか、サイドブレーキを解除したか気になる人は電動パーキングブレーキは必要です。

しかし、自分でサイドブレーキを解除しないと安心できないなら、電動パーキングブレーキは不要となります。

スポンサードリンク

セレナメーカーオプションこう選べ! まとめ


引用:https://www3.nissan.co.jp/

セレナのメーカーオプションを選ぶ場合は、車をどのように使うかや生活スタイルを思い返し、本当に必要なメーカーオプションかをよく考えることです。

たとえば、両手が塞がるという機会が滅多にないなら、「ハンズフリーオートスライドドア」は不要と言えます。

どういう状況が最も多いのか思い出しながら、じっくりとメーカーオプションを選んだほうが後悔しにくいと言えます。

ミニバンの中で燃費がいいと話題のセレナですが 安全装置も、他のミニバンと比べても一番気になるのは アラウンドビューモニターではないでしょうか 今回は、セレナのアラウンドビューモニターについて このページでまとめてみました。 セレナ アラウンドビューモニター魅力は

商談が決まった後に、色やグレードなんかは変えることはできませんよね。
しかし、下取りを買い取りにすることはできるんです。

調べてみたら買い取りのほうが高く買い取ってくれたじゃん!
ってことで後悔しないようにしたいですね。

商談も決定して下取り価格も上司に交渉して、上げてもらったのに・・・・
と思ってそのままってことありますよね。

 

しかし、それだと買取と下取り価格ではかなりの差が出ていることを知らないままになってしまいます。

 

もしかしたら、他のオプションもつけれるかも・・・・

 

ディーラーも買い取り業者に横流しをするので、書類などが結構面倒な仕事もあるので仕事が減る分営業マンもラッキーなんですね。

高額査定をするには一括で比較したほうがお得です。

軽自動車やいろんな車でもOK!

⇒安心できる無料一括査定はこちらからどうぞ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする