2019年にセレナマイナーチェンジ予想がどこがどう変わる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そんな時の一括査定は安心できるところで行いましょう!

⇒ 無料一括車査定はこちらからどうぞ

セレナは、マイナーチェンジが2019年にあるという
そんなネット情報を見つけました。

セレナはモデルチェンジをして
まだまだ、新しい感じがしていたのですが
もうマイナーチェンジをすると言う噂があるのですね。

このページでは、新型セレナの変更した部分や
マイナーチェンジの予想を紹介していきます。

スポンサードリンク

セレナマイナーチェンジはいつから?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

現行セレナは5代目となりますが2016年の8月にモデルチェンジをしました。

さらに、セレナは「プロパイロット」という
運転をサポートする自動運転技術を採用し話題にもなったのです。

また、2017年にNISMO仕様のセレナが誕生し2018年には
e-POWERモデルが販売されるようになりました。

毎年、何らかの変化をしているセレナですが
このペースでいけば2019年も何かあると考えても良いかもしれません。

ただ、メーカーが公に発表していないので根拠はありません。

なので、これは憶測でしかないですが登場から3年となる2019年8月に
マイナーチェンジがあるような気もしますね。

ちなみに、マイナーチェンジとはモデルチェンジの途中で行われ改良されることを言います。

エンジンやプラットフォームなどという部分はそのままにすることが多く
バンパーの形状や安全装備の追加やちょっとした機能が追加されることのほうが多いです。

マイナーチェンジとフルモデルチェンジを知っている人は多いですが
「ビッグマイナーチェンジ」と言うのを知っている人は少ないです。

「ビッグマイナーチェンジ」は新しいグレードが追加されたり
エンジンの種類が増えたりすることを言います。

セレナで言えば、ビッグマイナーチェンジが「e-POWERモデル」の追加です。

ビッグマイナーチェンジは通常のマイナーチェンジよりも
大幅な改良と変更が行われます。

もし、セレナがビッグマイナーチェンジをするなら
ひょっとしたら、新しいボディカラーとかが増えるかもしれません。

その代わり、消滅するボディカラーも出てくるかもしれませんけどね。

つまり、私の予想では、セレナがもしマイナーチェンジするなら
2019年に行う可能性もあるでしょう。

セレナマイナーチェンジ追加はなに?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

セレナハイウェイスターのタイヤの位置は
絶対に改良をしてほしいと思うユーザーは多いのではないでしょうか。

なぜなら、ユーチューブ動画「車で行こう」で指摘されていた
ハイウェイスターのタイヤの位置がエアロパーツよりも内側に引っ込んでいるからです。

つまり、小さい車に大きめの被り物をかぶせたような感じになっているという事です。

なので、ひょっとしたらタイヤの位置をハイウェイスターだけ
変更するのではないかと感じます。

また、セレナはメッキが少なくトヨタのミニバンと比較しても
派手さは余りありません。

マイナーチェンジをする場合で外装に変更があっても
見た目では分かりにくい場合もあります。

興味ない人からすれば同じに見えるほど
変化は少ないことが多いのです。

たとえば、バンパーやテールランプなどが変化しても
ひょっとしたら気が付ける人は少ないかもしれません。

セレナのマイナーチェンジの予想ですがハイウェイスターの
タイヤの位置が改良されるかもしれませんね。

セレナNISMO、セレナAUTECH、セレナe-POWERは
販売から日が浅いのでマイナーチェンジはないと予想します。

それよりも、500mlの紙パックを置けるカップホルダーが
標準装備で取り付けられているメーカーもあります。

個人的に、そうした部分を日産も取り入れると良いのになぁと感じます。

もし、セレナのマイナーチェンジが行われ改良されるとすれば
「プロパイロット」「セレナe-POWER」の4WD追加のように思えます。

日産セレナとトヨタヴォクシーは家族向けのミニバンで 非常に人気のある車種です。 3列シートのミニバン同士なので共通点が非常に多いのです。 室内空間に力を入れているのがセレナで ヴォクシーは運転のしやすさに力を入れている車種です。 どちらもファミリーカーとしては必要にして十分な車ですが
スポンサードリンク

セレナマイナーチェンジ後の性能は?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

マイナーチェンジでエンジンの改良は
ほとんどないといっても良いでしょう。

でも、パワーアップをしないまでも一部の改良があるかもしれません。

たとえば、燃費改善のためにスペックを若干変更させるとか
パワーを下げて燃費重視にするとか考えられます。

また、セレナe-POWERは2WDのみなので
ひょっとしたら、4WDが追加されるかもしれません。

根拠としては、ノートe-POWERには4WDモデルがあるので
セレナe-POWERも追加されるのではないかと思ったからです。

もし、セレナe-POWERに4WDが追加されれば
喜んで買う人も出てくるかもしれませんね。

私の予想で安全装備が改良されそうな機能を紹介していきます。

セレナの安全装備プロパイロットは変更ある?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

セレナの安全装備でプロパイロットに新機能が導入されるかもしれません。

それは、高速道路で複数のレーンに対応した
プロパイロットに変更されるような気がします。

また、プロパイロットの制御も今よりも
良い方向に改良される可能性もあるのではないでしょうか。

マイナーチェンジ後の新車価格は変更があるのかどうかは
私の予想ですが、ほとんどないように思えます。

セレナがマイナーチェンジで改良される重点的に改良するのは
家族で出かけるときのことを考えた部分ではないかと思います。

完全に自動運転に頼るのではなく
あくまでも、運転の支援のために使うのが一番です。

なので、他にもプロパイロットに新機能が加わるように思えます。

インテリジェント エマージェンシーブレーキも改良されるかも?!

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

現在は、インテリジェント エマージェンシーブレーキは
「10km/h~80km/h」の範囲で作動します。

マイナーチェンジ後では、この作動範囲が
大幅に変更されるかもしれません。

インテリジェント エマージェンシーブレーキはフロントカメラで
前方を走る車や横断歩道を渡る人などを検知します。

この検知スピードも改良されるならさらに安全性が高まりますね。

日産セレナとホンダステップワゴンは同じミニバンですが こういった種類の車を選ぶ場合は候補にあがる車ですよね? セレナやステップワゴンを買うという事は旅行にも出かけたり 子供の送迎にも使うという事でしょう。 そうなると、いろいろな思い出が詰まる可能性があるという事ですよね。

ハイビームアシストも改良される?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

ハイビームアシストは少し前までは装備されていなかったようです。

比較的新しいと思われますが
密かに改良するように思えてなりません。

対向車が眩しいと感じないように
もう少し反応を早くしてほしいものですね。

今のところは予想でしかないですが
ハイビームアシストも反応速度を早くできるように改良されるかもしれません。

まとめ

セレナは、2016年でフルモデルチェンジをして
2017年にはNISMO仕様を追加しました。

さらに、2018年にはe-POWERモデルが追加され
トントン拍子でグレードが追加されています。

今回は、私の予想でマイナーチェンジ後は
どのような変更があるのかを紹介してきました。

私の予想で最も的中しそうなのは「セレナe-POWER」に
4WDが使いされるのではないかという事です。

他にも、安全装備のパワーアップも考えられますし
新色などや「リミテッド」みたいな特別限定仕様車などが登場しそうですね。

気になるのは2点ですが、その中のひとつで「プロパイロット」があります。

プロパイロットが改良されて
新機能が搭載されるのではないかという事です。

高速道路で複数のレーンにも対応した
プロパイロットへと進化する可能性もありますね。

そして、もう一つが「自動ブレーキ」です。

現在は「10km/h~80km/h」で作動しますが
マイナーチェンジ後はもう少し速度が上がっても
作動するように思えてなりません。

もし、動作する速度が上がればさらに安全性が高くなります。

2019年にマイナーチェンジが行われたら一体どんな改良がされているかが楽しみです。

※2019年8月追記しました

セレナ2019年マイナーチェンジ発表

引用元https://www3.nissan.co.jp

予想通り2019年にマイナーチェンジが発表されました。

外観のフロントマスクもも前回のオーティックの感じあり、顔つきがごつくなった感じがします。

バンパーの形状もかなり大きめなワイド感が出て安定感が増してきた感じがします。

サイトを見ると360°セーフティアシストが全車装備となりサポカーSワイドが全車装備となります。

安全性の向上もセレナのマイナーチェンジでは行われたようですね。

引用元https://www3.nissan.co.jp

カラーも13種類に増えて今までなかったサンシャインオレンジはひときわ目を引くカラーとなるでしょう。

日産セレナとホンダステップワゴンは同じミニバンですが こういった種類の車を選ぶ場合は候補にあがる車ですよね? セレナやステップワゴンを買うという事は旅行にも出かけたり 子供の送迎にも使うという事でしょう。 そうなると、いろいろな思い出が詰まる可能性があるという事ですよね。

アリスト
セレナに乗ってからセレナが大好きになりました。
セレナの色んな情報が入ったら更新していきたいと思っています。
はてぶしてくれると喜んでしまいます。

商談が決まった後に、色やグレードなんかは変えることはできませんよね。
しかし、下取りを買い取りにすることはできるんです。

調べてみたら買い取りのほうが高く買い取ってくれたじゃん!
ってことで後悔しないようにしたいですね。

商談も決定して下取り価格も上司に交渉して、上げてもらったのに・・・・
と思ってそのままってことありますよね。

 

しかし、それだと買取と下取り価格ではかなりの差が出ていることを知らないままになってしまいます。

 

もしかしたら、他のオプションもつけれるかも・・・・

 

ディーラーも買い取り業者に横流しをするので、書類などが結構面倒な仕事もあるので仕事が減る分営業マンもラッキーなんですね。

高額査定をするには一括で比較したほうがお得です。

軽自動車やいろんな車でもOK!

⇒安心できる無料一括査定はこちらからどうぞ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする